育毛剤 ロゲインの含有成分と特徴を紹介!

育毛剤 ロゲイン

育毛剤 ロゲインの含有成分と特徴を紹介!

薄毛の治療薬としても使用されているミノキシジルは、1960年代にアメリカで開発された成分です。高血圧治療の経口薬として使用されていたのですが、薄毛を改善する効果が確認された事で、薄毛や脱毛症の治療用として外用薬が販売されるようになります。ロゲインは、この外用薬の商品名です。つまり、育毛剤というよりも治療薬としての性格が強い商品である事が特徴となっています。

ロゲインは、その後世界中で販売されるようになっており、最もメジャーな育毛剤として広く知られています。特に、頭頂部の薄毛に対しては有効であり、かなり進行した状態からの回復も報告されています。特定の脱毛症を目的とした育毛剤ではないので、あらゆるタイプの薄毛に対して効果を期待できます。近年増加している女性の薄毛に対しても有効であり、女性用のロゲインも用意されています。

1日に2回の使用が推奨されており、早期の回復が期待できます。脱毛予防よりも発毛促進を重視している育毛剤です。