スカルプの糖化と血糖プライスのコネクション

糖化とは、体内にいるタンパク質が余った糖と結びついて年齢物「AGEs」ができ上がることです。パンを焼くと、表層がごつくのぼる感じ事柄で、酸化することを「さびる」というのに対して、糖化することを「こげる」といいます。AGEsは蓄積して全身の年齢を手順させ、体調不良や病の原因になります。
スカルプに関しては、毛根にAGEsが蓄積すると、ヘアー乳頭やヘアー夫人細胞のキャパシティーが阻害されて、抜け毛が掛かるなどの悲劇を引き起こします。またスカルプは硬くなり血行不良となって、様々栄養素が行き渡らなくなり、髪の毛の訓練や髪の質にも悪影響を及ぼします。
糖化と血糖有難みは密接に関係があることが分かっています。現代の食べ物は、血糖有難みを急増させる傾向にある結果、それを押し下げるために大量のインスリンが分泌されることが続き、インスリン耐性ができてしまいます。そうして、インスリンが分泌されても血糖有難みは下がり辛くなり、糖が余って仕舞うて、糖化しやすくなるという機能です。